上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
教会の主催でNYからビル・ウィルソン牧師をお招きしてのセミナー。
彼は、NYのスラム街で二万人規模の教会学校をやっていて、たくさんの荒廃した地域の子どもたちをサポートしていて、世界中の子どもたちを支援しています。
自身も13歳の時に母親に捨てられたという話。

何書いても他人事みたいで悪いのですが、子どもをめぐる強烈な話がいっぱいでした。
目の前の子どもを助けるためにとにかく動いているということでした。

日本で格差社会とか言ってるけど、かわいいものですね。

セミナー以外の時は、目が合うと、ニッわらってウィンクしてくれます。
サユリもビル先生、やさしい。ぱちって(ウィンク)してくれたと言ってました。家で家族でウィンクの練習をしましたが、なかなかさわやかにウィンクできません。
サユリは、セミナーが終わるたびに追いかけていって握手してもらっていました。
私は、集会の後の著書サインコーナーでなんか側にいる役をしていましたが、特にたいしたことをするわけではありませんでした。しかし、サインした人の記念写真とかとってあげていて、サユリのおしっこに付き添わなかったら、その間にサユリは和式トイレにおっこちてパンツをぬらしてしまっていました。

20070419021442.jpg

スポンサーサイト
神戸まで、教会の皆さんとゴスペルのコンサートに行く。

ブルックリンタバナクルというニューヨークの教会のシンガーのコンサート。

詳細はまた別の機会に。

サユリは叔母の家でお泊り、アツユキは仕事でした。
我が家はクリスチャンです。
またそのことはおいおい書いていきますが。

うちの教会では、新年にみことばカードをおみくじのように引かしてくれます。それぞれ違う御言葉がはいっているのです。

今年の私の御言葉は
「私たちは神の作品であって良い行いをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。神は、私たちが良い行いに歩むように、その良い行いをもあらかじめ備えてくださったのです。エペソ2:10」
でした。

一年間心にとめていきます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。