上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.31 いちご狩り
母子三組でイチゴ狩りにいった。
去年もいったのでなんか恒例のという雰囲気。

実はサユリはいちごが嫌い。あんまり食べない。
でも先日、チップとチョコのおつかいを読んでから、いちご狩りモードになってきた。

しかし近場のいちご園はいちごがないと言われてしまい、結構遠出することになった。
最後はすんごく細い橋を通って、これ大丈夫かなといいながら目的地へ到着。あ、ポルトも連れて行く。

20070203033309.jpg
中はこんな感じ
20070203033331.jpg
みつばちもいるらしい

20070203033350.jpg20070203033410.jpg

20070203033426.jpg

20070203033442.jpg


相変わらずサユリはいちごをちょっとしか食べなかった。
買って帰る用にとるのも少なかった。
ずっとチップとチョコのなんたらかんたらと言っていたが、お友達のお母さんは意味不明だっただろうな。
私も元をとらねばとお腹いっぱい食べた。

その後海岸の道の駅へ。
子どもたちが中でソフトクリームを食べている間にすこし海でポルトと遊んだ。

20070203033457.jpg

20070203033510.jpg

20070203033527.jpg

寒そーでしょう。
スポンサーサイト
2007.01.30 犬を洗う
愛犬ポルトを洗った。

一月に一度のシャンプー。
前は、「わんわんシャンプー」というコイン式のシャワーとドライヤーがでるところに洗いに行っていた。

わんわんシャンプーで一人で犬を洗って自信もついたので、
今回は自宅のお風呂で洗うことにする。

お湯をかけるとこんな感じに、
20070203033248.jpg


ひーんひんと鳴くが、特に暴れるわけではないし、お風呂場ではどんよりしている。
しかし毛が多いので時間がかかる。
最終的に二時間半ぐらいかかったところで、
幼稚園のお迎え(それも預かりにして3時間ほど延長)の時間が来たので、終わりにした。

問題は、毛玉。
耳の後ろに大きな毛玉が両方ともできていた。

実は私、それの存在に気づいてはいたが、毛玉と思ってなかった。
両方同じ位置、同じ大きさなので、犬ってこんなところに変な軟骨があるんだなーと耳の一部と思っていたのだった。

今思えば馬鹿である。

毛玉を取るのに、毛をちょきちょき切ってほぐしていかないといけない。結構燃えてしまう。何時間でも集中して出来そうだが、
そんなことを延々やっているわけにもいかない。
やはり毎日のお手入れが肝心だ。

サユリに

「今日は、お勉強もしないといかんし、
自転車ものらんといかんし、
あーいそがしい。
終わったらママと遊んでやるから」

といわれた。
2007.01.29 心雑音
実は、去年の幼稚園の内科検診で、サユリは「心雑音」と診断されました。
とくに症状がないので、のばしのばしにしてましたが、やっと予約をとって大きな病院にいきました。

診察をして、エコーと心電図をとって。

わりと病院好きのサユリは大人しく、検査を受けてました。

でも待ち時間が長いのでへとへと。
結局遅刻していこうと思っていた幼稚園の時間も過ぎてしまいました。

結果は、
特になにも問題ないとのこと!良かった。

子どもには心雑音はよくあるそうです。
2007.01.28 同級生に会う
高校が一緒、大学も一緒の友達に大阪であう。
結婚してこちらに来て、それから男の子(一才半)がいる。

その男の子がすごく大人しい。
もちろんレストランで食事の時は多少もぞもぞ動き、お母さんはごはんが食べれないが、大声を出すわけでなく、歩きたがるわけでなく・・・、泣くわけでなく機嫌よくしている。

梅田に出てきてもらったが、日曜日の繁華街に母子でててくるというのに、なんかお母さんが楽勝っぽい。
私は、もっと、しんどかった。
サユリはよく泣いていたぞ。

幼稚園の先生だったからなのか。
子どもがもともと大人しいのか。
本人は、一応考えて毎日規則正しく、生活しているからだといっていた。
同じ時間に起きて、家族でごはんを食べて、午前中に児童館にいって・・・

「子どもが産めて育てられるって幸せって思わん」
と聞かれた。
果たしてそんなに幸せって思うかな。
特別なことをしてないけど、でもちゃんと子どもと向き合っているようで、いいなあと思った。



2007.01.27 欧米か
サユリが突然歌い出した。

♪欧米か 欧米か
上か 下か 真ん中か

うけてしまった。

サユリによると、縄跳びするときの歌で幼稚園のおねえちゃんたちがうたっているそうだ。

調べてみると
♪いろはにこんぺいとう
上か 下か 真ん中か

という歌で、確かに大縄跳びをするらしい。

サユリの誤解で「欧米か」になったのか
それとも園児か誰かのアレンジがあるのか。
サユリの幼稚園はなかなか面白い幼稚園なので、ありかもしれない。

さて、大阪の実家に到着。

話の流れでおじいちゃんおばあちゃんから、サユリのお誕生日プレゼントは何がいいか→
サユリ「自転車!」
で、早速トイザラスに買いにいくことになった。

いろんなキャラの自転車が並ぶ。

が、14インチ自転車にのろうとしてサユリこけたりしている。
14インチでも、ちょっと足が届きにくい。
サユリ小さすぎる!
お友達はみんな16インチを買ったというのに、16インチはお話にならない。

サユリはそのあたりでやる気がなくなり、三輪車にのってこれがいいとか、ふざけたことをいいだす。
いろいろ乗せてみると12インチのがいいという。

サユリの嗜好、サユリのやる気、親の嗜好、祖父母の嗜好、あとどれくらい乗れるのかという将来性、自転車としての機能、キャラの賞味期限、などなど考える要素が多く、これでいいかと思ってもサユリが納得しなかったりして、なかなか上手くいかない。

で、結局だいぶ時間がかかったあと、みんながいささか疲れてきたころになんとかサユリがその気になって、14インチのを選び買ってもらう。
キャラクターはマイメロディ。

それがこれ

ポイントは後ろに押し棒がついていたから。

で、サユリは大阪のおうちの周りで自転車に乗って遊ぶ。

20070203033152.jpg

おばあちゃんが押してます。
20070203033206.jpg

めっちゃうれしい顔。
20070203033217.jpg

まだ、ひとりでこぐとよたよた。
20070203033232.jpg

颯爽とこいでるつもり。

2007.01.27 大阪へ
大阪の夫の実家へ。

飛行機に乗っていく。

おっと、その前に愛犬ポルトをホテルに。
店員さん(トリマーさん)が、
「いやがったら、いけないので入り口までついてきてください」
といわれたが、
ついていくまでもなく、ポルトはうれしそうについていった。

まったく!人懐っこい犬だ。
しつけ教室でも、見本に他の犬を訓練士さんが前に出すと、嫉妬するのかわんわん吠える。
自分が見本になるときは、ものすごく気取ってやっているような気がする。
訓練士さんが、いつもポルト、きれいね、歩き方きれいねえ、すごーい、とほめてくれるから。

まあそんなことはどうでもいい。
ポルトを時間までにあずけ、一家で飛行機にのって一安心。
無事大阪に着きました。

ちなみにこんなちっちゃい飛行機でした。
席が二列づつしかないので、家族三人でいっしょに座ることすらできません。


20070203031100.jpg

明日から、大阪に一泊旅行。
今回は飛行機で行く予定なので犬のポルトをあずけなければならない。

ポルトは今迄も三回預けられている。それぞれ違うところへ。

で、一番近所の前回預けたところに聞くと明日はドッグショーで人がではらっているので、今夜から預けて欲しいとのこと。
日曜日も、引き取れないので四日分の料金を払わなければならない。
一日分は安かったのだが、12000円といわれたので、高いのでパス!

次は空港の近くで、結局、空港へ行き帰りに預けれるので一番楽で、料金もかからない。一泊分は5000円と高いんだけど。
しかし空港に行くときは時間がないので、今日行って書類を書いてお金も先払いしてくる。

他に探したホテルでは、個室、ドッグランつき、24時間携帯で犬の様子が見れるというところもあった。
お値段は一緒だったけど、だいぶ田舎の方にある。
よさそうな感じだったけど、会員になって年会費を納めろといわれたので面倒くさいし遠いので、やめ。

飛行機に乗せてつれていくという案もあった。
片道4000円。カゴも貸してくれる。
でもさすがにちょっと犬も疲れるかなと、思ってやめ。

午前中は、そういう犬ホテル問題を解決するのに使ってしまった。



比較的暇だったので懸案となっていたポルトのグルーミングをする。
本当は毎日でもやった方がいいのだが、最低一週間に一度ぐらいちゃんとコーミングをしなければならないのだが・・・。

これが面倒くさい。
大人しくしてくれればいいんだけど。
いやがって、動くし。
ひんひんと悲しげに鳴くし。
怒って言うことを聞かさなければならないというのだが、怒るのもエネルギーがいる。

トリミングテーブルを買えばいいということなんだけどね。
結構高いし場所をとるし。

私自身は、グルーミングとかするのは結構好きです。
それなりに毛の手入れが大変なのは大丈夫と思っていたけど、
犬の世話のおいしいところだからある程度、毛のもさもさの犬を飼おうかなと思ったけど。

でも、なんで大人しくやらせてくれない!
大人しくしていたら何時間でもやる(気はある)のに!




2007.01.26 アアラちゃん
20070126003454.jpg


「アアラちゃんはね、よるになったら、いなくなるの、でたらいかんのよ」
といいながら、毛布にくるまるサユリ。
彼女は今、「アアラちゃん」だそうです。
「アララちゃん」だったかもしれない。
本人も覚えてなくて、ちょっとずつ変わる。

でもサユリのネーミングはいつもちょっといいなと思う。

ポルトもサユリがネーミングした。
(由来はポルトガルのポルト。ちょうどワールドカップでポルトガルがベスト4に進んだ頃)
いつも私が思いもかけないところから、聞いたこともないような名前をもってくる。
なかなかセンスがあると思うんだけど。

2007.01.25 バレエ

これからしばらくお習い事体験月間にしようと思う。


寒くて外遊びが億劫だから。

やってみたいことはいろいろあるが今日はバレエ体験。
バレエ専門ではなくてダンス教室でにある幼児バレエクラスに参加してみました。


私はバレエについては全く知識がない。
自分が子どもの時漠然とやってみたいと思ったが、まさかそんなお金がかかりそうなのに大して実際役立たなさそうなお嬢様っぽいことをやらしてもらえると思わなかった。
憧れのバレエ。


お友達といったが、行く道中も入ってすぐもノリノリだったが、習っている子がフリフリのレオタードで入ってくると、


それがうらやましくなって、泣く、すねる。やらないという。
サユちゃんもうちにバレエの服をとりに帰る。バレエの服でやりたい
それはうらやましいだろう。あんな服着たいよ。


しかし、みんながやり始めると輪の中に入ってやりはじめ、どんどんのってきていた。
人数がすくなくて先生もよく面倒みてくれてよかった。


20070124140555.jpg


20070124140619.jpg
一生懸命同じ振りをしようとがんばるサユリ。
うれしそうにステップを踏むサユリ。
軽やかとはいえない姿。
きっと君はバレリーナにはなれないだろう、血統的に。

でも、サユリ、バレエやるか~と姿をみながら一瞬思った。
発表会代とか大層なことになるんだろうけど。


20070124140707.jpg


終わったら淡々としていて、それから二度とバレエというコトバを口にしなかった。

ということは、そんなにノリ気ではないのかな。


次回は幼児ジャズダンスクラスともうちょっとバレエ専門のところへ行く予定。


サユリは帰る車の中から眠ってしまい、晩ごはんも食べず朝まで寝ていた。
よっぽど疲れていたのでだろう。





 

2007.01.25 新コマンド
ポルトのしつけ教室。
今日は新しいことをならった。

「スタンド」だったかな。

要するにオスワリせずに立ったままでいること。
犬の目の前で手のひらをパーにして、上から下の方に動かす。

最初はちょっとてこずったが、ものの10分もしないうちにちゃんと覚えてしまった。
ポルト賢い~。
かしこいんだ。本当は。
他の犬の皆さんも出来ていたのかもしれないが、余所見をする余裕がない。
20070124140822.jpg


20070124140837.jpg

→サユリの靴を齧っています。もうすぐ取り上げられます。
2007.01.25 リトミック

サユリはリトミックを習っています。
と、いっても教会の知り合いのピアノの先生に仲良しお母さんで教会でならっています。 サユリは、気に入ったら何回でもしつこくやりたい人で
先生にも「もういっかい、もういっかい」とせがみます。
今日はアイスクリーム屋さんになろうとやっていましたが、
それがあまりに楽しかったようです。先生がおしまいといっても納得せず、


とうとう「先生のバカ」とつぶやいていました。


最近すぐにバカというのです。


部屋からひっぱり出して説教をしました。


サユリのよいところは、すぐに謝るところで、
「ごめんなさい、ごめんなさい」
と泣きじゃくります。
根性なしとも言えます。


部屋に戻し、先生に小さい声で謝って、また再開しました。
まるでなにごともなかったかのように、もとにもどっているので、


他のお母さんから
「サユリちゃん切り替えはやいからいいね~」とほめられました。


20070124140911.jpg

帰宅後、サユリと前述の本を見ながらおりがみを折って遊んだ。


20070122023353.jpg




で、「おうち」というのを折ってやると、
「人もつくって」という。
お父さんとお母さんとこどもの人形を切り抜き、
それから家にポルトを描くと、
ぼくたち、四人兄弟」と歌いながら遊んでいた。
もちろん四人家族のまちがいである。


20070122023238.jpg




そのうちもう一軒、家をつくるとそちらは、スーパーになったようだった。
以下、お人形遊び中。


おとうさんとさゆちゃんはスーパーに買い物にでかけたようだ。
おとうさんはおかあさんにお使いを頼まれたらしい。
おとうさんは、「さかな」を買った。
さゆちゃんは「おかしかって」という。


そこで私がお父さんキャラになって「もう今日は買わない!」と言うと、


買って、買わないと押し問答があり、とうとう


さゆりは泣いてしまった


20070122023302.jpg


お菓子かってかって~
20070122023318.jpg




くだらない、あまりにもくだらなすぎる。
人形遊びでお菓子を買ってもらえなくて泣くなんて。


あわててお菓子「ポテチくん」という商品をつくって


さゆちゃん人形に持たせてあげると
すぐ機嫌が直った。


20070122023331.jpg


くだらない、あまりにもくだらない。


人形遊びに飽きてプリンセスになるサユリ


20070122023344.jpg


 






 

2007.01.22 本屋さんへ
今日は家族3人で本屋さんへ。
サユリと二人で絵本の森と書いてある子どもコーナーにずっといました。
サユリ常になんか欲しがる欲しがる。
ママこれかって、あれかって、
でも一応セーブが利いているので

「これサンタさんに買ってもらう」(なかなか先のことです)
「これ明日買って~」(まだ彼女の明日は未来全般です)
で、本日彼女の心を激しく捉えたのはウサハナのご本
と、いうか本の体裁をしたお家型のおもちゃです。
くだらないわりに高いのであきらめさせようと無視していましたが、なかなか引き下がりません。


交渉の結果、
折り紙の本を購入することで手をうちました。 








おかあさんといっしょ 3~5才のおりがみ―みんなで選んだおりがみ大集合 おかあさんといっしょ 3~5才のおりがみ―みんなで選んだおりがみ大集合
小林 一夫 (2005/07)
高橋書店

この商品の詳細を見る


本屋さんではそれからおはなし会がはじまりました。
昨日おはなし会に行ったので、興味をもってみていました。


地方局のアナウンサーがお話してくれました。
というか、本屋さんが売りたい本のダイジェストの、紙芝居をしてくれました。
内容はイマイチだったのですが、やはりアナウンサー読むのは上手でした。


マイクも通していましたが、声の張り方とかアクセントとかやはり人前で話を聞かせるのはそれなりに技術がいるもんだと感心しながら聞きました。


 


 

... 続きを読む
2007.01.21 サユリの歌
サユリがお風呂でつくった歌。

1.ブロッコリー食べちゃった(ぱくぱく)
  ぜーんぶ 食べちゃった(ぱくぱく)
2.にんじん たべちゃった(ぽりぽり)
  ぜーんぶ たべちゃった(ぽりぽり)
3.ソーセージ たべちゃった(む、むしゃむしゃ)
  ぜーんぶ たべちゃった(む、むしゃむしゃ)
4.おにく たべちゃった(もぐもぐ)
  ぜーんぶ たべちゃった(もぐもぐ)
5.うどん たべちゃった(つるつる)
  ぜんぶ たべちゃった(つるつる)

ポイントは食材と食べるときの音です。
自分なりに音を工夫していました。
ちゃんと作詞作曲自分でしていちおう筋がとおる歌になっていてなかなか完成度が高かったです。
   
2007.01.21 おはなし会
暇だし、特に行くところもないので図書館主催のおはなし会に親戚のまりあちゃんをつれて行ってみました。

絵本の読み聞かせではなくおはなし会。
ベテランぽいご婦人が、部屋を暗くして、ステンドグラスのライトをつけておはなしをはじめました。

人数は少なかったですが、年齢層がばらけていました。

一生懸命話してくれているから悪いけどちょっとお話は長くて単調だったので集中力がみんな途切れそうになってなんか主催者じゃないけど不安な気持ちにさせられました。

その次に「よかったねネッドくん」のお話を英語と日本語で交互に話すというのをやってくれました。
そうすることで原書の構成がおもしろいのがよくわかりました。
でも普通に絵本を読んだほうがこどもは喜んだかも。
そのあと、幸運と不運で交互にお話を作れと子供にあてていましたが、知らない人の前で発表するのがこどもにむずかしいのか、うまく盛り上がりませんでした。私は、不安になりましたが、そんなもんでもよかったのかもしれません。

あとパネルシアターとか。

でも後半お手玉をつかって遊ぶとか、新聞紙のお話とか、サユリはものすごく盛り上がって家でもつくって~といっていました。
20070121072147.jpg


20070121072212.jpg


20070121072224.jpg

2007.01.20 とびひ
サユリの口元にお正月明けからできものができていた。
だんだんひどくなっていったが、アツユキはビタミン不足というのでCCレモンとか、ビタミンCが入っていそうな飲み物とか飲ませて様子をみていた。
それでもなかなか治らないので、アツユキはヘルペスだといった。
私が帯状疱疹になった時の薬をつけてみた。

で、ふと先日みると、両方の手首にもおできができているではないか。

これは「とびひ」ではないか。

しばらく抗生剤をのんでぐずぐずとしていたが、
皮膚科にいってみた。

お医者さんは、やはりこれは「とびひ」ですね。といった。

そして、お宅はどんな暖房器具をお使いですかといわれた。
石油ファンヒーターですと答えると。

「冬にとびひになる家庭はあったかすぎです。とびひは夏になるものです。お宅は常夏ですね」
と鼻で笑うようにいわれた。

なるほど。

家は寒いのだが、私が超寒がりなので、ずーっとヒーターをつけているからだ。

常夏の家庭からお届けするアカツキ ツウシンをよろしく。


今年はアツユキが日めくりカレンダーを二種類買った。

1つは英語の漫画ジョークのカレンダー。
もう1つはディズニーの映画のワンシーンが日めくりになってるもの。
毎日違う映画。

アツユキは朝一番にめくる。
サユリはディズニーのがめくりたい。
でも、うかうかしているとアツユキにめくられてしまう。

今日も夕方になってサユリが、「ディズニーのめくろっかな」というともうめくられていた。
それで号泣。
なんとか機嫌をとったのに、

アツユキ帰宅後、うれしそうにカレンダーを見るから
サユリ、また「めくりたかった」と号泣。
2007.01.16 白組合格
今日はポルトのしつけ教室の日。
今年初めてのしつけ教室です。

といっても去年の12月から本科生、その前はパピークラスだったので、まだ一ヶ月しかやってません。
一番下のレベルの白組でしたが、今日なんとかテストに合格し、次のレベルの桃組に上がることができました。

テストはまず、「ステイ」。
ステイといって犬のまわりをぐるっと歩いてまわります。その間動かなければいいのです。簡単なことです。
でもちょっと危なかった。立ち上がりそうになったので、私の方があわててもとの位置にもどりました。しかも立ち位置とかちょっとまちがってすれすれで合格です。
それ以外は、「ヒール」といって指示通り歩き回るのと「シット」といってオスワリさせるだけです。それは、なんとか無難に乗り切りました。
一緒に受けた四匹とも合格して上に上がれます。
なんか一月も一緒にいると同級生として心も通いあい喜びもひとしおです。チョコラブとジャックラッセルテリアと四国犬の同級生。

テストに合格なんて、最近身近にないことなんですごくうれしい。
ポルトくんがんばってくれてありがとう。早く全部クリアしたいね。


20070116142155.jpg

→「シット」&「ステイ」でおすまし。しつけ教室は写真を撮る余裕がないので、これは自宅で撮影。
去年流行ったドラマ「のだめカンタービレ」。
我が家では毎週欠かさずみておりました。

最終回近く、サユリは千秋役の玉木くんを
「私、この男、だーい好き」
と、いきなり言ったので、おどろきました。

つづいてのだめちゃんに対しては
「私、このオンナ、だーい嫌い」というのです。
理由は
「だって、この男がやさしくしてるのに、いやなこというもん」
のだめが最後の方で千秋に言いたいことを言って実家へ帰るところでした。

サユリはああいう男がタイプなんだな。
私も結構好きです。玉木宏。

お友達の日記にサユリのことが書いてあって思い出しました。
数日前に思い立った企画である。
で、勢いで別サイトに別ブログ「1年間に1000冊の絵本読み聞かせ」をつくってしまった。分けた方がわかりやすかなと思って。

私は本が好きで図書館によくいくが、本屋もしょっちゅう行くが、絵本はそんなに読んでやらなかった。
確かに普通ぐらいは読んでいたが、まあこれぐらいは押さえておこうかとか、ちょっと気が向いたからとかで手に入れるだけで、自分の本に対する情熱からすると、おまけみたいなもんだった。

それというのも、赤ちゃんの時、読み聞かせはいいというので一時いっぱい本を買ったり(BOOK OFFで)とかしたり、本を借りてきたりしたが、はっきり言ってまともにコトバがしゃべれない者に本を読んでやるのは苦痛とまではいわないまでもそんなに面白くなかった。びりびり破かれるし。
おんなじ本を何回も読むのもしんどいし。
でも、ちょっとまとまった話だと、途中で飽きちゃうし。

でもやっとお互い楽しみながら絵本に向かい合うということができるようになった。

いつも図書館の絵本コーナーを眺めながら、いつか絵本をちゃんと押さえるぞとおもいつつそのままにしたが、やっとその時が来たような気がする。

余談だけど私のよく行く某市立図書館の児童コーナーは、そのやる気を萎えさせるというのも今迄億劫だった理由である。
だって、なかなか蔵書の多い図書館なのに、児童コーナーの絵本はただただ作家名50音順に突っ込んで並べてあるだけ。
ちょっとお勧め本とか新刊本とか季節の本とか注目作家とかちゃんとディスプレイしたら子どもたちも大人もわかりやすいのに。背表紙だけで絵本を探すのはめちゃ難しい。作家の名前順っていっても、絵本は作家が文章と絵に分かれている場合が多いが、それも適当である。
探しているうちにサユリががじゃがじゃ言い出してうっとおしくなる。
結局よさそうな本をネットで検索して予約を入れておくのが楽。

というわけで1000冊。1日3冊読めばいい。
でも同じ本は1冊とカウントだから、週に20冊ぐらい。
絵本好きで毎日習慣で読んでいる人にはどうってことない数なのかな。
図書館に毎週1回行っても足りないのだ。

先週末ぐらいから、がんばって図書館へいっては本を借りがんがん読んでいる。最初の熱いうちに数をこなさなくっちゃね。

というわけでアカツキ ツウシン別館「1年間で1000冊絵本読み聞かせ」もよろしく。


おこづかいを週200円あげることにしたと前述した。
昨日アツユキとサユリを留守番させて買い物にでた。
「ママー、うらないっこガムかってきて」と言われる。
「うらないっこガム」はサユリがはまっているお菓子でいつもこればっかり。

じゃサユリのおこづかいで買ってきてあげるから財布を渡しなさいといってみた。
サユリは素直にお財布を渡してくれる。

望みのものをローソンで買って、おつりをお財布に入れておいた。
60何円かのおつりである。

今日財布を開けてみて、ママお金が増えていると興奮していた。
小銭の数は確かに増えているが。


サユリは山のようにおもちゃがあるがたいていはダイニングテーブルの上のパソコンを使っている。

ネットサーフィンと英語教材ゲームをやっている。
こんなことをさしてていいのかと思うが、やっているうちはとっても大人しいので、私は楽をさせてもらっている。

マウスを上手に操り、「お気に入り」の中の自分のフォルダーを開けて楽しんでいる。
最近は、Googleを開け、自分が興味ある言葉、「ふたりはプリキュアスプラッシュスター」とか「キティちゃん」とか「マイ・メロディー」とか「ママ、入れてー」といって検索させる。
そしてヒットしたのが気に入ると、これ「お気に入り」に入れてといって登録させるのだ。

自分でキーボードが打てるようになったら何でも簡単に調べちゃうんだろうな。
今日は夫がお休みだったので、一日のんびりすごした。
わりと近くにある、海の見える温泉施設でゆっくり。
その後近くのうどん屋さんで昼食をとった。
そして、帰りに「ありがとう」とサユリに言わしてゆうゆうと建物を後にしようとすると後ろから追いかけられて
「あのお支払いは…」とお店の人にいわれた。

夫婦で飲食代を払わずに堂々と出て行こうとしていたのだった。

温泉帰りで頭がぽっとしていたのか。

恥ずかしかった。
2007.01.12 おこずかい
ちょっと早いがさゆりにおこづかいをあげることにした。

私は小学校かそれに上がる少し前からお小遣い制度でもらっていた。小学校の時は月1500円。私はお貯金ムスメで貯めていた。
これは子ども的には金銭感覚たついてとても良かったと思う。
迷信を信じるわけではないが、未年の女。
金遣いが荒いとかお金を食べちゃうとか言われる。
私のまわりの未年の人には該当者が多い。心して育てなければと思う。

昨晩寝る前に「お小遣いをあげるから、それで欲しいものを買うのよ。使ったらないよ」とほのめかすと、朝楽しみにしていたらしく、起きぬけにお財布は?さゆちゃんのお金はと騒いでいた。

ためしに週一回200円支給することにする。くだらないお菓子やがちゃがちゃ、ゲームとか雑誌とかはそれから出していただく。

でも全然お金の価値とかわかってない。

今日幼稚園にお迎えにいったら、折り紙でお財布を作り、紙でお金を作って遊んでいた。まだそんなのでいいかもしれない。



2007.01.12 今日きた洋書
子どもも私も英会話を習っているが、そこでSCHOLASTICのブックカタログで本を注文してくれる。http://skippys.fc2web.com/bookclub.html

今日届いた本は以下二冊↓
The Real Mother Goose (Real Mother Goose Library) The Real Mother Goose (Real Mother Goose Library)
Blanche Fisher Wright (1998/09)
Cartwheel Books

この商品の詳細を見る


Better Homes and Gardens New Junior Cook Book (Better Homes & Gardens Test Kitchen) Better Homes and Gardens New Junior Cook Book (Better Homes & Gardens Test Kitchen)
(2004/10/05)
Better Homes & Gardens Books

この商品の詳細を見る


子供用のお料理本を頼んだが、頼んだのが品切れでこれが代わりに届いたそうだ。ま、いいかと思ってもらってきたが…。
料理というもののほとんどスナック。ごはんとおかずとお味噌汁をちゃんと食べてという日本の感覚とちょっと違う。やたらカロリー高そう。後半はお菓子だが、どれもすごく甘そうで毒々しい。私はお菓子はあまり食べない方なので、見るだけで歯が腐りそうな感じがする。食育とか言っている日本と大違いだ。ためしに作ってみよう。
お母さんたちは年末に一緒に注文したGYMBOREEのお洋服を各自でわけ、お互い品評しあった。アメリカの通販サイトだけど、かわいくってわりとリーズナブル。
ちょっと小さすぎたとか、それかわいい、それ買えばよかった、意外によかったと言い合いながら見せ合う。

さて私が注文した下のキルティングジャケット。
20070111031340.jpg


デザインとかいいんだけど、ファスナーのところに謎の動物が。

20070111031354.jpg

パンダシリーズだったんでパンダではないかとみんないう。
だがパンダだったら、両目が黒ぶちでしょう。耳も黒いでしょう。
牛だと思って買ったよ。
でも牛じゃない。肉球があるから。
犬でもない。
パンダを見たことがないアメリカ人のデザイナーか。
2007.01.10 お友達が来る
今日から幼稚園がはじまる。
やれやれ。
サユリはぎりぎりまで寝て、元気よく園バスにのっていった。
しかしまだ昼までで終わる。

午後からお友達親子が三組来る。
ちょっと前までは喧嘩ばかりしていたが、今日はみんなで子ども部屋にこもって遊んでいるので楽である。お母さんたちはゆっくりできる。
女の子ばかり4人になると、すごくかしましい。子どもというより「おんなの集団」って感じでちょっと怖い。

おんなの集団が静かに遊んでいると思ったら皆でアイロンビーズを作っていた。アイロンビーズ楽しそうだった。
私の子ども時代にこんなものがあればと思った。
パーラービーズ オンザゴー筒入り5000P パーラービーズ オンザゴー筒入り5000P
()
河田

この商品の詳細を見る


20070111032216.jpg

アイロンビーズ作成中
20070111032715.jpg

完成
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。