FC2ブログ
2007.03.31 大阪に到着 
やっと大阪の実家にに到着。

私もアツユキも晩御飯をいただいてしばらくすると、寝てしまった。

サユリはおばあちゃんとおじいちゃんと寝るといって、一緒に寝たらしい。初めてのことだった。
クイズを出せだなんだと夜中の一時すぎまで騒いでいたそうだ。

スポンサーサイト



2007.03.31 大阪へ
昨日高知から帰ったけど、今日は用事があって一家で大阪のアツユキの実家へ一泊旅行。
ポルトも連れていく。

松山を午後二時ごろ出たが、神戸に入ると大渋滞!
カーナビ様にお伺いを立てて、高速を降り別の高速に入ろうとするがそちらも混んでいる。
途中でガソリンがなくなって、上がったと思った高速をすぐ降りたり、とにかく大変苦労した。

「サユリが早くつきたい」、「まだなの」「こんな状態で大丈夫?」と騒ぐので疲れる。

ポルトは静かに乗っていたが。
2007.03.30 高知にて
高校、そして大学も一緒だった、親友のお家を訪問。
去年おうちを建てたそうだ。
ポルトも連れていったがちゃんとお庭があってつないでもらえた。

育休中だったが、4月からフルタイムのお仕事に戻る。
それまでに会いたいねといいながら、ぎりぎりの訪問。

息子さん二才の「こうた」くん。
サユリは「ウォーター」くんとずっと思っていたようだ。

その後一度、実家でお昼ごはんを食べ、サユリは寝ていたので本屋にいく。
サユリおきたので帰って来いの報が入ったので帰宅。
そうじをするという母と交代してサユリのお相手。
いくところが思いつかないので、イオンにいく。

イオンの子どもの遊び場に行き、300円で20分遊ばせる。
↓その中のボールプールにて
20070405034149.jpg


その後トイザラスで、10日間おりこうで待ってたごほうびに
バービー人形を買ってあげる。(約1000円)

帰宅して晩御飯にマグロの刺身やちりめんじゃこを食べて、松山に出発。
その前にサユリに「このごはんを食べたら松山に帰るよ」と宣言していたが、サユリはごはんを食べ終わると「おばあちゃんのところで泊まりたい」と泣き始める。それが断続的に続き、帰るときは泣きじゃくりながら帰る。
いつも別れはつらいサユリだった。
2007.03.30 魚市場
父親の提案で朝ごはんを市場の食堂に食べに行く。
「すきみ定食」まぐろの骨の周りの身をすきとっておさしみにしたもの。
お昼ぐらいまでしか食べられないらしい。とってもボリュームいっぱい。
20070405031337.jpg

マグロ好きのサユリも大満足。
20070405031356.jpg



その後魚市場を見て回る。
ごろごろとまぐろが床においてある。
20070405031416.jpg


20070405031437.jpg



干物屋系統で。
お友達におみやげの「ちりめんじゃこ」や
親類に「うるめ」や「てつぼし」を購入。

それから鮮魚系統で。
それから晩御飯用に「まぐろのさしみ」を購入。

私は市場好きなので、こういうところへくるといっぱい魚を買いたくなる。また来ておいしい魚を仕入れたいな。観光にもお勧め
高知一人お泊りは10日ぐらいになった。
たいしたものだ。私も大変有意義な時間をもらった。

さてその間の面白かったサユリの言動を母に聞かせてもらった。

〇ヨンさまファンの母に付き合って、サユリかなりヨン様通になっていた。最初はヨン様は女と思っていたようだ。
ヨンさまの次回作は?と聞くと「タムドク」と答える。
母は覚えられないのにサユリは一発で覚えたと驚嘆していた。
いっしょに冬ソナも見たらしく、
「ヨン様ってねえ、交通事故でしぬんよ。でも死んでないんよ。」と言っていた。

〇「おばあちゃんの目ってヨン様そっくり」
と喜ばすことを言っていた。

〇プリキュアのDVDを借りらされた母。プリキュアなんて何の足しにもならん、どうせアニメをみるなら「アルプスの少女ハイジ」とかをママに見せてもらいなさいといって「口笛はなぜ♪」と歌ったらしい。サユリはしきりに「くちぶえはなぜ♪」と歌っていた。でもそこから先は母が思い出せなかったらしく、歌えない。

〇なぜかおじいちゃんが三択クイズを出すのに乗っていた。
サユリもクイズを出していた
「イエス、プリキュア5でブルーはどれでしょう。一番キュア・アクア、二番キュア・ドリーム、三番キュア・レモネード」
ある意味マニアック!

〇私がいってもまだ「おばあちゃん」と話しかけていた。

〇おばあちゃんとママとどっちが好きと聞かれると、「両方好き」と模範解答していた。

〇なんとも文字で表現しにくいが変は笑い方をするようになっていた。「ああああ」みたいな喉の奥で笑う愛想笑いみたいな。母は「あんたの真似よ」と私に言っていたが、そうだっけ。

20070405024120.jpg

↑寝巻き姿。これは母のばばシャツを安全ピンで留めて着せている。パジャマのかわりに着せたらしいがサユリは大変気に入って、着せて欲しい是非持って帰りたいとリクエストしたようだ。「エンジェルみたいでしょ、うふ」と言っていた。
父親も病院から、高知に帰っていいと言われたので、父親を高知に送り、そしてサユリを連れて帰る計画。

実家につくと駐車場で、サユリと母が待っていてサユリは踊りながら大歓迎で迎えてくれた。
おばあちゃんがきちんとお世話してくれるのでちゃんとタイツを履き、髪を結っている。久しぶりに見るとぽちゃぽちゃしてものすごくかわいく見える。

そして、どいういうわけか、以前もおしゃべりだったがさらにおしゃべりになっていた。のべつまくなしにしゃべっている。しかもそれなりにちゃんとしゃべっていて面白い。

夜は、「かいだ屋」という、我が家の県外人接待コースのうなぎ屋さんへ。
お正月以来久しぶりに実家へお泊りした。



サユリの高知お泊りは続行中。
父も我が家に泊まって、通院中。

サユリは電話によると上機嫌のようだ。高知の教会ではみんなに握手して挨拶をして愛想を振りまいていたようだ。

松山の教会の人に「サユリちゃんがいなくてさびしいでしょう」とかいわれる。
悪いけどそんなにさびしくないのだけど。
この子なし生活に慣れてしまうともとにもどれなさそうで怖い。
今日はサユリの終業式だった。
なんか式典があったかどうか不明だが、とうとう幼稚園の年少さんの1年間が終わってしまった。とっても早かった。

さて、先週の水曜日には高知から父が来て、入院して耳の手術をした。
で、その父は昨日退院し我が家にしばし滞在。
特に命にかかわる病気ではないし、元気で歩き回れるのでそれほど心配でないのだ。
そして、弟と母が来ていたが、今日はなんと!サユリを高知へ連れていってくれた。

サユリは母親と離れるというのに相変わらず大喜びで、大好きなおばあちゃんと一緒にいられるのがうれしくて仕方がない様子であった。
2007.03.10 さぬきで遊ぶ
アツユキがお休みなのでどこかへでかけようと。
朝ごはんの後相談。で徳島の大きな施設に行こうとして走り始めるがカーナビさまのお告げによると、到着時刻が一時半ぐらいなので、中止し香川県の「国立まんのう公園」というところを目的地に設定しなおす。
まんのう公園は善通寺で高速をおりレオマワールドの近くである。

善通寺は私にとっては、しょっちゅうではないものの割りと縁のあるところであるが、そんな公園があるということは知らなかった。
私がずっと運転士、カーナビ様とガイドブックのお告げで、お昼ごはんは「水車」といううどん屋に決める。香川なら、特に高松より西なら「うどん」である。

「こういう時ってカーナビがあると便利だよね」とか浮かれながら、うどん屋に向かう。
しかし、カーナビ様が「目的地周辺です」と言ったときには、うどん屋はなかった。ただ、「水車」という看板だけ。
ガイドブックにも「水車」といううどん屋は「肉うどん」のおいしそうな写真とともにのっていたのだが。
確かにガイドブックとカーナビの地図では「水車」の位置が異なっている。これはどういうことなのか移転したのか。カーナビを信用しすぎたゆえの失敗である。
周辺にうどんやはいっぱいあるが、あえて道をもどるのはやめて先へすすみ100メートル先ぐらいのうどん屋にはいる。
感想。まずくはないが特に感動するほどおいしくはなかった。

それからやっと「まんのう公園へ」
実はポルトも積んできて、はたしてどうなるかと思っていたが、なんと「まんのう公園」は誓約書をかけば犬可である。これがどれほど喜ばしい知らせかわからないだろう。
リードは離してはいけないということなので、しっかりにぎってポルトとベビーカーさゆちゃんとみんなで入園。
20070324121148.jpg


20070324121218.jpg

↑芝生広場は芝生が生えている広大なところに、いくつかお山がありそこにあるボールやそりで遊べる
20070324121242.jpg

↑お山の上でおどるサユリ。

20070324121406.jpg

20070324121434.jpg

↑これは山登りのトレーニングに似ていると、山岳部のアツユキは子どもにまじってがんばるが・・・。
からだがなまっていたようでなかなかむずかしかった。
20070324121526.jpg

↑この白いお山のようなのはトランポリンのように跳ね回れる。
サユリはこれを舞台と設定し、プリキュアショーを始めていた。
「みなさん、こんにちは。今からプリキュアショーがはじまるよ。
メタモルフォーゼ♪」

結論からいえば、「まんのう公園」はとっても楽しくて遊具もいろいろ工夫されていていい公園だった。犬づれもいっぱいいた。
ポルトは道行く人の注目をあつめ、さわってもいいですかと何人かいってきた。レオマワールドなんかより安くてすいててずっといいところだった。

20070324121304.jpg

↑おすましポルト


さてまんの公園の後はゴールドタワーにゆき、遊ぶ。
ここは昔来たときとかわっていて、館内で15分150円で遊び放題。
20070324121614.jpg

20070324121700.jpg

20070324121633.jpg

20070324121712.jpg

20070324121732.jpg

↑お着替えコーナーを発見。素敵なドレスが着放題。
サユリはこのメイド服みたいなのをまよわずチョイス。
気に入ってなかなか帰れない。「さゆちゃん、まだちょっとしか着てないのに~」
思う存分着させてあげたいが・・・。また今度こよう。平日フリータイムのときでも。

その後、有名な「一鶴」で鶏を食べて一路おうちにかえった。




今日は教会のお友達とランチ。
それもみんなで我が家で着付けをしてから、着物でおでかけ。
最近、しのしのさんに我が家で着付けを教えてもらっているのだ。
せっかくなのでおでかけをとランチになった。

昨年の年頭の目標は着物を着るだった。
ほんとゼロからの出発だったが、ヤフオクなどで着物を落としたりしているうちになんとか形になってきた。
まだ、とっても時間がかかるが。
そのうち、教会でも御着物熱が高まってきているのだった。

20070324120545.jpg

20070324120607.jpg

サユリがもらったおもちゃは以下。

まずパパママから、リカちゃんのドレスルームにたくさんドレスと靴のセットをつけて。犬(チワワ)も入っていた。
リカちゃん リカちゃんハウス ドレスルーム リカちゃん リカちゃんハウス ドレスルーム
(2007/02/15)
タカラ

この商品の詳細を見る


叔母から、バービーの家。だけど、リカちゃん用に使用。
この家はおしゃれで私も住みたくなる。
バービー バービーのすてきなおうち J0500 バービー バービーのすてきなおうち J0500
(2006/03/01)
マテル

この商品の詳細を見る

あと、同じく叔母から。というか叔母にお金をもらってサユリとトイザラスに行きサユリが選んだのはピンクの髪で羽が生えてるはではで妖精バービー
最初トイザラスにつれてゆくと、ぬいぐるみコーナーでかたっぱしからかわいい犬のぬいぐるみをカゴにいれていて、ブリーダーをはじめるのかと思うぐらい犬を買い占めようとしていたので説得して犬をやめさせてお人形系にする。

リカちゃん リカドールハートヒルズママ リカちゃん リカドールハートヒルズママ
(2004/03/18)
タカラ

この商品の詳細を見る

↑はリクエストして高知のおじいちゃんおばあちゃんから。
あとリカちゃんのパパとリカちゃんの妹の双子の片割れ(ミキちゃん)と、ボーイフレンド(りくくん)の幼稚園児

リカちゃん ハートヒルズのクレープパーラー リカちゃん ハートヒルズのクレープパーラー
(2005/03/17)
タカラ

この商品の詳細を見る

↓これは弟夫婦から。クレープを食べたことのないサユリが一生懸命クレープ屋を経営しようとしている。
電池を入れるとジュースが落ちてきたり、カードをおくと音楽がなったりと楽しそうなクレープ屋である。

サユリにとって誰かにこれで遊んでもらうのが今最大の楽しみ。
でも大人はなかなか長時間付き合えません。
今日はサユリの4歳の誕生日。
私は5月生まれで、早生まれの子の気持ちがイマイチよくわからないのだが、3月生まれというのは、1年間同じクラスの子の誕生日が祝われるのを見続けてきたので、相当期待が高まっているようだ。
いつ四歳になるのだいつなのだといい続けてやっと来た誕生日。

親としても、ああ四年前の今頃は破水してとかとまだ記憶も鮮やかに残っておりそれなりに感慨深い。
出産時のことは何度も何度も人に語って聞かせるので、語っているうちに一連のまとまった話として編集が加えられ、面白おかしい話となっているが、なかなか子どもを産むというのは大変だった。
自分ではなかなか苦労したほうだと思っているが、きっと中くらいなんだろうね。
アメリカでは無痛分娩が普通で、自然分娩はお金がなくて保険に入れない貧乏な人のお産という話を先日読んだ。まあそんなことはどうでもいいけど、サユリのめでたい四歳の誕生日。

20070322001356.jpg

↑これがお誕生日ケーキ。一応キャラデコを選んで見ました。
ケーキ屋さんに好きなキャラを書きます。でも複雑なものは料金が余分にかかりますと書いてあったが、見本もなにもない。プリキュアなんていったら料金がかさみそうなので、簡単そうなキティを選ぶ。
でもキティはそんなにサユリに受けなかったので、普通のケーキでもよかったかもね。

まりあちゃんも来て、ごちそうを食べてケーキを食べて祝いました。
サユリはとりあえずプレゼントのおもちゃでまりあちゃんと遊ぶのが楽しくてしかたないらしい。
20070322001153.jpg

20070322001214.jpg

20070322001237.jpg

20070322001301.jpg

... 続きを読む
2007.03.07 幼稚園の遠足
今日はサユリの誕生日なのだが、その前に今日は幼稚園のおやこ遠足だった。

公園に現地集合だったが、死ぬほど寒い日だった。
サユリはよそのお母さんや先生方に今日サユちゃん誕生日四歳になるのとめちゃくちゃアピールしていた。

最初こそテンション上がり気味だったものの。
とにかく全然楽しくない。寒い。寒い。寒さに耐え続ける我慢大会。

まだ、12時?まだ帰れないの・・・とお母さんたちと語りあう。

思い出すだけで寒気がする。

帰っても一日中足が冷えて仕方がなかった。

20070317015620.jpg

↑お誕生日プレゼントに買ってあげた安物プリキュア「ピンキーキャッチュ」つけていってみんなに見せびらかす。
よそのお母さんにうちの子とプリキュアの話題が合うみたいといわれる。

20070317015643.jpg

↑先生が用意してくれたスタンプラリーみたいなの。最後にバスのおじさんとじゃんけん。先生をさがさなければならないが、上手にかくれていて、ものすごく時間がかかる。園児と母親が公園中をうろうろ大移動。

20070317015701.jpg

↑うちのお弁当

20070317015726.jpg

↑音楽がかかり先生たちと運動会で踊ったダンスを自由におどる。踊りたい子だけが、適当に踊る、この自由というかゆるい雰囲気の幼稚園。サユリはいつも先生の近くをキープ。
2007.03.06 ポルトの教室
ポルトネタばっかりと指摘されてしまった。
サユリ日記のはずだったのに。

今日もポルトネタを一つ。

しつけ教室でポルトは桃組合格して黄組へ。

黄組になるといろいろ難題が増えてくる。
一つはダウン(伏せ)。

結果的には、今日はポルトはきっちりダウンできず。

その他もろもろも気が散ってできず。

というのは、気になる女の子がいたから。

「ももちゃん」たぶんコーギー。
でもなんか短く毛を刈っていて、顔とそしておしりだけハート型に毛をそりのこすという大胆な姿で、それがまた愛くるしい。

ポルトはももちゃんに出会ってからかなり気になるようで、くんくんしまくり、訓練中もももちゃんをちら見して私とアイコンタクトとろうとしないように思われる。
ももちゃんもまんざらでもなさそうである。

というわけで黄色組初日はさんざんだった。