上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ものすごく久しぶりにポルトをシャンプーした。
しなければしなければと思いつつ、放置状態。
冬場は寒いし。トリマーさんは高いし。
なかなか重労働。

意を決して、今日は犬を洗う日と決めた。
だが、今日はサユリと二人。サユリの相手をしつつどうやって犬を洗うか。
二時間以上は拘束され、途中で手を離せない。

で、サユリに積極的にお手伝いしてもらい一緒に洗うことに。
どうなることかと思ったが。

なかなかサユリは役に立つことがわかった。
シャワーをかけると、ポルトは毛がぺったりしてものすごく細くなる。
サユリはポルトのシャンプー姿を見たことがないので、大うけだった。
「えー、ポルトってこんなになるん!」

みんなでびしょびしょになりながら、お風呂場でシャンプーをし、洗面所でドライヤーで乾かした。
サユリは、シャンプーでごしごしし、ドライヤーをずっとあててくれた。
そして、ポルトが暴れ出すと、ささみジャーキーをもってきて、乾かしやすいように誘導してくれたりと、なかなか使える。

ボルトはいいにおいになり、ふわふわになって、また庭に走っていった。

スポンサーサイト
親戚のまりあちゃん(9歳)が昨日はお泊りにきました。

サユリは興奮しっぱなし。

まりあちゃんとは、「彼氏ごっこ」(恋愛問題を絡めたごっこ遊び)をしたり、「モデルごっこ」をしたりしていた。
「モデルごっこ」を見せてもらったが、
「ニコラ(まりあちゃんの愛読するファッション誌)モデルのさゆりでーす、まりあでーす、二人でさゆまりでーす。」とかといって始まり、「今日は、〇〇に来てまーす。ところでさゆりちゃん・・・」とかとなんか二人で掛け合いのようなことをやりはじめ、
サユリ「とうとう、私達の歌のDVDが発売になります。絶対買ってくださいね。」
とかとプロモーションのようなことになっていた。ずいぶん現実的で、きちんと設定ができていて、そのままのセリフでテレビに出れそうだったl
二人とも、その時だけはテレビに出てくる娘さんのような言葉遣い(標準語)に完全になるのでおかしい。
サユリの設定はまだ甘くて、ママは「アナウンサー」ですとか、「二人のママが同じで、双子ってことにしてー」とか、思いつきで適当なことを言うのを、まりあちゃんがありそうな設定に修正してくれているようだった。サユリはおかげでずいぶん「おませさん」になっている。

台興奮のお風呂からでて、ふたりでサユリのおもちゃ部屋に布団を敷き寝さした。
が、一時間ぐらいたってもねむれないらしく、「マーマー寝れん!」と呼びにくる。

結局私が添い寝してしずかにしていたら寝ていた。
私も寝ていたが、ふとんにちょっとしかいれてもらえなかったので、風邪をひきそうだった。
2008.04.03 ばっかり食べ
幼児にありがちなことなのか、いや、大人になってもそういう人はよく見かける「ばっかり食べ」。
一度、気に入った食べものにはまると、飽きるまで毎日、毎食それを欠かさず食べる人。
単なる私の思い込みだが、B型の人に多いような。

おとといはサユリは「ゆかり」ごはんにハマっていた。
「ゆかり」をかけてご飯を何杯でもいけるいきおい。
「ゆかり」の威力に感心したのもつかの間。幼児なので「ばっかり食べ」の飽きるのも早い。

昨日は、「あぶらあげ」を一人じめして食べ、今日も「あぶらあげ」が食べたいと泣いていた。


さゆりを魅了した「あぶらあげ」のレシピは以下。
①あぶらあげをそのまんま、オーブントースターで焼く。
②いい色になったら、出して適当に切る。はさみでOK。
③かつおぶしをかける。
④しょうゆをかける。
手抜き料理です。

サユリはしょうゆの量が少なかったので、「味がない」というので、「たまねぎドレッシング」をかけるように指導。
誰にも手を出させない勢いで食べていた。

こういうことが毎日のようにくりひろげられる。
何にはまるのか予想がつかない。

その前はホットレモン。レモンをしぼってお湯で割るだけだが、さとうをがんがんに入れないとダメ出しが出る。以前はクルトン(スープに入れるカリカリです)。お茶漬け(これも中のカリカリのあられをさきに食べる)。どれもこれもお母さんの手抜き食生活が・・・


3月末でお仕事を退職。
ふたたび専業主婦な日々が戻ってきました。

滞っていた掃除に励む毎日です。

最近の面白かったサユリさん(5さい)の発言。

〇お友達のお母さんに「だれと結婚する?」と聞かれて、
「さゆちゃん、結婚しない」
「どうして?」
「だって、赤ちゃんの世話をしたくないから、泣くし」

彼女の名誉のために言いますが、そんなに母性本能がないわけではなく、ふつうにお人形(バービーちゃん、エリカと命名されていた、なぜかアリエルの人魚の尻尾を装着中)をかわいがったりしていました。

〇自分の苗字がきらいなサユリ
「あたし、なのかわ スザンヌ にする」




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。