上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前夜の9月12日
夜21:55発の小倉行きフェリーに乗る

休前日なので、満席で、予約したときも二等寝台はとれなかった。
幼児づれでこれはきついなとどうにかして二等寝台が欲しいと願う。
キャンセル待ちリストの存在に気づいて書き込んだのは時が遅くて10番目ぐらい。
サユリが、「ベッドのお部屋に入れないの~」というが、「名前がよばれたらね」と希望をもって祈る。

出港してしばらくしてから、順々に名前を呼ばれるが、なかなかまわってこない。
あきらめてアツユキとサユリは、甲板へ遊びにいっていたら、やっと名前が呼ばれ、このときは本当にうれしかった。

朝の5時に小倉に着く。
その後、電車にのって、博多へ、博多から地下鉄で空港へ。

「まだ、飛行機にのれないの!(怒)」
地下鉄の駅でキレル、サユリ。


博多から五島列島の福江空港へ。40分ほどの空の旅。

飛行機で着いた第一印象は「なんだか植生が違う」
手入れする人がいないのか、草木が生えているところはそこいらじゅうわっさわっさと木がしげり、草がからみつき、えらいことになっていた。しかも、田舎では日常見慣れている田んぼがない。

空港にはレンタカー会社のお迎えがきていた。
レンタカーを借りて、まずは福江島をめぐる。


鬼岳 芝生のまんまるい山

溶岩海岸
黒い溶岩?のごつごつの海岸。大きなフナムシがどーっとたくさん走っていく姿が「崖の上のポニョ」のシーンのようで印象的。





小さい島のことなので、次のポイントまで5分くらいでいけるのでサクサク観光が進む。

ここで、漁港で催されている伊勢海老まつり(正式名称は「踊る伊勢海老大走査線」へ)



↑伊勢海老が、伊勢えびがそこいらじゅうにあって惜しげもなく・・・。これでお料理を作って振舞ってくれるとこのこと

予約をして、お金を払えば船釣り体験や伊勢海老とり体験など、いろいろできるらしかったが、時間もないのでそこでやっているゲーム的なものに参加。

まずは、伊勢海老つり、釣りといっても短い竿の先に糸と針金を曲げたものをつけてあり、それで伊勢海老を引っ掛けて水から出してとればOK。200円で3分間。なんと、吊り上げたらそのまま伊勢海老をもらえるという、豪勢なクレーンゲーム。

     
しかし、これが、なかなかどうして簡単そうで、いや実際地元の人っぽい、おじいさんやおばあさんやわかものや子どもまで、獲っていたのだが、私にもアツユキにもなかなか獲れない。ムキになって何回も200円払ってやるが、・・・これがまたとれない。

ついにあきらめた。

たこつぼルーレット

たこつぼが8つあり、ナンバーがついている。そのナンバーの件を100円で購入。
たこを入れて、自分の買ったナンバーのたこつぼに入れば、伊勢海老が一匹もらえる。もしくは「伊勢海老よりたこがいい?」って聞いてた。
これも二回やったが、はいらず。

最後は、子ども限定魚つかみ取り

浅いプールの中に海の魚がいっぱい泳いでいる。
10分間で子どもが入って魚がつかめれば、そのままお持ち帰り。(一匹だけ)
一回目は様子を見る。
子どもが全員入ると、伊勢海老も投入される。
小学生の男の子や女の子10人くらいが洋服のままどんどん入っていき、魚を捕まえる。伊勢海老なんかはあっという間。
大きな鯛みたいなのをつかまえる子。
それに目の前で男の子が、大人の「前から回りこめ!魚は前へしか進めん!」というしごくまっとうなアドバイスに従って、大きなカンパチを捕獲。
いきのいいカンパチで男の子が抱え込んでいたがぽーんと跳ねて目の前に落ちてくる。
跳ねたカンパチは、サユリを噛んで、それから私達の足元に落ちてきた。
お持ち帰り用のスーパーのようなビニール袋が渡されるが、それにいれると、そこからカンパチは頭をだしてビチビチし、男の子は懸命に抱えていた。
テレビ局が撮影していた。
カンパチはそのまま、漁師さんにさばかれたようだ。

サユリも第二回戦に参加。服のまま入る。



そして、あまりに小さい子なので、見かねた主催者から網をもらい、網を振り回しているうちに、ついに魚を捕獲!



ちっちゃなアジのようでした。
しかし、全く捕れないとは雲泥の差。サユリも大変満足し、アジさんを持っていてもしょうがないので海に放す。

イイコトをしたと思ったのもつかの間、アジは、弱っていたのか泳ぎ出さず、海の底にすーっと沈んでいきました。


スポンサーサイト
本当は伊勢海老まつりでおいしい漁師料理の試食というのもあったが、もうそろそろ次に行かねばと立ち去る。サユリはぬれてびしょびしょだったので着替えさすが、気持ち悪いので温泉へ。

たっしゃかランド

気持ちのよい温泉で気を取り直し。


さて、長崎は五島列島。何で五島列島に来たかというと、小さな島にたくさんある古くて小さなカトリック教会があって珍しいらしいから。
当然、サユリにとっては面白くないだろうなあ~。
教会めぐりの記念すべき第一回は、



井持浦教会


ここの特徴はこのルルド。ルルドが何か説明があったが。なんだかなあ・・・。



↓ここに詳しいせつめいが。



しかし、お昼休みということで、鍵が閉まっていて、中に入ることはできず。残念。

その後、灯台が見えて、海岸がすごくきれいな高台へ。
ちなみに旅行の全行程運転しているのはワタクシ。

海岸が荒波に侵食されてガタガタ。


なんとも風光明媚な自然も美しいところです。

その後はもうお昼御飯の時間になってきたので、美しい海水浴場や美しい入り江などの風景は車から眺めるぐらいで、ぶっとばして次へ。

水の浦教会


ここは誰もいなかったけど中に入れた。
ステンドグラスも白い内装も、ゴシック風もそしてところどころに置かれている貝がらの飾りもとってもかわいい真っ白の教会。
やる気をなくしていたサユリも思わず内部では引き込まれていた。



さて、次は、五島列島名物の「うどん」を求めて、竹酔亭といううどん屋さんを目指す。
目指すがナビゲーターアツユキが、「あれ、ここになければいけないはずやけど・・・」と何度も確認するが、なんとなくそれらしいものはない。
一軒のうどん屋さんがあったが、時間も2時をすぎていたためか、やっているのかやってないのか看板も出てなくて、なんか違うんじゃないと立ち去ってしまった(後から考えるとここが目的地だった)。

おなかが空いたが、こうなるとどこで御飯を食べていいのかわからない。

五島列島、休日だというのに今までのドライブ中もほとんど車とすれ違わないぐらい人通りが少ない。
当然、御飯を食べるところもそんなにない。しかも時間が遅くなりすぎてしまった。

いろいろ走るが適当なところがない。そのうちサユリはおなかが痛い、うんこにいきたいとか言い出すし。
雨は降り出すし。

最終的には、みんなかなり不機嫌になったところで、フェリー乗り場に行き、近くの食堂で「五島うどん」を食べる。
「五島うどん」細い麺で、ものすごくコシがない。たよりない。
だしは、なんかこゆい。さかなさかなした味です(とびうおのあごだしというのが名物だそうで)
おいしくないわけではない、空腹にはずいぶんおいしかったが、だが、われらが四国のさぬきうどんと比較すると・・・。
どうだろう。

その後は、次に乗るフェリーのチケットを買い、レンタカーを返却し、またフェリー乗り場に送ってもらった。

時間がいっぱいあったので、お土産屋さんで、五島名物「かんころもち」や、サユリにねだられ「これから、しんどいだの、もういやだのと絶対文句を言わないねえ」と恩を着せて念をおし、光る玉のついたストラップを購入。

フェリーじゃなくてジェットフェルという高速船で五島列島の次の島、上五島の方に向かう。

最後の方はあわてたし雨もふってきたし、行きたかった教会も一個行けなかったが、ぐるりと島を一周できて良かった。
入り江から、溶岩海岸から、砂浜から、港から、リアス式海岸から、いろんな海の様子が見れて、それぞれとってもきれいだった。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。