上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バイオリン教室の二回目。

朝ちょっと練習してみようとしたが、だめ。
弓の持ち方、バイオリンをあごに挟んでしっかり持って立つ、バイオリンを弾くとぎこぎこ変な音がするなど、サユリにはできないことだらけで、5秒ぐらいでやめてしまった。

弓に松脂を塗るのだけ楽しそうなんだけど。

全然やる気がないというか、だめできない~って弱気なので、昨日から猛烈にほしがっているリカちゃんの「ゆったりさん」とかいうお家をえさにする。「きらきらぼし」がひけるようになったら「ゆったりさん」買ってあげるから。
サユリはちょっと納得するも、まだ弱気。

さてレッスンだが。
一緒にやっているみゆうちゃんは、けっこうすらすらと弾けているし、ぜんぜんつまづいてない。後半は集中力が切れてつかれた~とか言っていたが問題なく今日の課題はこなしていた。

サユリはとにかく松脂だけうれしそうに塗ってそれから一応やる気になっていたが、弓がもてないと泣き、先生がちょっとこうじゃないよこう!っていっただけで泣き、すべて放り出してうつぶせてしまう。
私も開始5分ぐらいで切れそうになる。
で、みゆうちゃんと交互に見てくれるが、みゆうちゃんがやっている間は、なにもせずにふてくされており、自分の番になってやっとバイオリンを持ったかと思うと、先生の指導にめげてすぐに泣き伏すというのを繰り返し、私もいらいらし、ほんとフラストレーションがたまってくる。

あんまり怒って嫌いになったらもとも子もないから、みんなそんなんだから大丈夫と言われたものの、月謝も払ってるんだし、もともとってほしいとか、泣くぐらいくやしいというのは、それくらい負けず嫌いなんちょっとできるようになれば、のびるんじゃないかとか、よく考えれば誰かに指導されたことはなし、家でも注意するとすぐに泣くので、ここで鍛えられたほうがいいんじゃないかとか、いろいろ考えるとよけいにこっちも怒ってしまう。

まあもうちょっと様子を見てみようと思うが、先生があわないのかレッスン形態があわないのか、おねむの時間なのかとかとも思う。
私も楽器系統はならっても上達しなかったので、遺伝かもと思う。
しかしこれでは泣かせにきているようなもので、子どもより先に私がやめたくなってくるよ。

しかしこんなに、てこずるとは思わなかったなあ。
サユリも心の負担になっているようで、帰ってお風呂に入っているときは、
「りかちゃんのおうちは、やっぱお誕生日プレゼントにしようか、5歳になったときの」
とバイオリンのご褒美案を暗にしりぞけようとしていたのが不憫だった。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yuriakatuki.blog34.fc2.com/tb.php/106-e26ff446
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。