上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当は伊勢海老まつりでおいしい漁師料理の試食というのもあったが、もうそろそろ次に行かねばと立ち去る。サユリはぬれてびしょびしょだったので着替えさすが、気持ち悪いので温泉へ。

たっしゃかランド

気持ちのよい温泉で気を取り直し。


さて、長崎は五島列島。何で五島列島に来たかというと、小さな島にたくさんある古くて小さなカトリック教会があって珍しいらしいから。
当然、サユリにとっては面白くないだろうなあ~。
教会めぐりの記念すべき第一回は、



井持浦教会


ここの特徴はこのルルド。ルルドが何か説明があったが。なんだかなあ・・・。



↓ここに詳しいせつめいが。



しかし、お昼休みということで、鍵が閉まっていて、中に入ることはできず。残念。

その後、灯台が見えて、海岸がすごくきれいな高台へ。
ちなみに旅行の全行程運転しているのはワタクシ。

海岸が荒波に侵食されてガタガタ。


なんとも風光明媚な自然も美しいところです。

その後はもうお昼御飯の時間になってきたので、美しい海水浴場や美しい入り江などの風景は車から眺めるぐらいで、ぶっとばして次へ。

水の浦教会


ここは誰もいなかったけど中に入れた。
ステンドグラスも白い内装も、ゴシック風もそしてところどころに置かれている貝がらの飾りもとってもかわいい真っ白の教会。
やる気をなくしていたサユリも思わず内部では引き込まれていた。



さて、次は、五島列島名物の「うどん」を求めて、竹酔亭といううどん屋さんを目指す。
目指すがナビゲーターアツユキが、「あれ、ここになければいけないはずやけど・・・」と何度も確認するが、なんとなくそれらしいものはない。
一軒のうどん屋さんがあったが、時間も2時をすぎていたためか、やっているのかやってないのか看板も出てなくて、なんか違うんじゃないと立ち去ってしまった(後から考えるとここが目的地だった)。

おなかが空いたが、こうなるとどこで御飯を食べていいのかわからない。

五島列島、休日だというのに今までのドライブ中もほとんど車とすれ違わないぐらい人通りが少ない。
当然、御飯を食べるところもそんなにない。しかも時間が遅くなりすぎてしまった。

いろいろ走るが適当なところがない。そのうちサユリはおなかが痛い、うんこにいきたいとか言い出すし。
雨は降り出すし。

最終的には、みんなかなり不機嫌になったところで、フェリー乗り場に行き、近くの食堂で「五島うどん」を食べる。
「五島うどん」細い麺で、ものすごくコシがない。たよりない。
だしは、なんかこゆい。さかなさかなした味です(とびうおのあごだしというのが名物だそうで)
おいしくないわけではない、空腹にはずいぶんおいしかったが、だが、われらが四国のさぬきうどんと比較すると・・・。
どうだろう。

その後は、次に乗るフェリーのチケットを買い、レンタカーを返却し、またフェリー乗り場に送ってもらった。

時間がいっぱいあったので、お土産屋さんで、五島名物「かんころもち」や、サユリにねだられ「これから、しんどいだの、もういやだのと絶対文句を言わないねえ」と恩を着せて念をおし、光る玉のついたストラップを購入。

フェリーじゃなくてジェットフェルという高速船で五島列島の次の島、上五島の方に向かう。

最後の方はあわてたし雨もふってきたし、行きたかった教会も一個行けなかったが、ぐるりと島を一周できて良かった。
入り江から、溶岩海岸から、砂浜から、港から、リアス式海岸から、いろんな海の様子が見れて、それぞれとってもきれいだった。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yuriakatuki.blog34.fc2.com/tb.php/210-a8c5b668
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。