上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バイオリンの話つづき。

先日の日曜日は、日曜学校のクリスマス会でした。
サユリたち低学年の子どもは、ハンドベルを弾いていました。
先生が、
「サユリちゃんは積極的で二つもってやりたいっていうんです。みんな1こづつだったのですが」
と言われました。
これは、積極的と評価すべきなのか、日本人的にはわがままで目立ちたがりというのか。

本人は怒られると思ったのか、そんなことは絶対言ってないと言うのでそれ以上詮索できませんでした。

さて、そのときにたまたま車にバイオリンを乗せていたので、礼拝堂に持っていってました。

サユリが駐車場係りの信徒の方に
「バイオリンを習っている。今むすんでひらいてをやっているが、次はクリスマスの曲をやるのだ!」
といきなりアピールしだしたので、
「そっか、それじゃ聞きたいな」
とお世辞を言ってくれたら、
「もってるよーん」
ということになったのです。

日曜学校のクリスマス会でバイオリンをもっていると、バイオリンの話にいきなりくいついてくるご両親がいました。子どもさんも出演中でしたが、年長さんの女の子で2年ぐらいならっていて、同じ10分の1サイズを使っているとのことでした。
バイオリン仲間ができてよかったよかったということになりました。
その後、二人でお互いにバイオリンを弾いてみました。
その子の方がだいぶ先に進んでいるので、ちょっとサユリには刺激になったみたいです。
自分以外の子どもがバイオリンを弾くのなんてほとんどはじめてみたいな感じでしょうから。

というわけでその日は、クリスマス会後のお茶会でいろんな人にバイオリンを弾いていたサユリでした。

バイオリンは自分の楽器をどこでも簡単に持ち運びできて、弾けるからこんなときいいですね。

また機会があったら、二人で教会で弾けたらいいね。弟さんも弾いているらしいから、三人でも弾けるかもね。
教会は、楽器もいっぱいあるし、そんな感じで演奏する機会もあるしいいところです。

その日も、日曜学校のクリスマスでは、小学校高学年の子どもたちが、合奏していました。
「ジェリコの城壁(?)」黒人霊歌っぽいやつです。
クリスマスと思えない渋い選曲でした。

ピアノ、キーボード、ドラム(小太鼓)、ベース、そしてサックスで、ビックバンドっぽいアレンジでした。
鍵盤楽器の子以外は初めての楽器で、この時のために練習しはじめたそうで、なかなかちゃんと演奏できてました。
先生は、いままでもこうやって、子供たちを育てて、教会の奏楽につなげていったからねというようなことを言ってました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yuriakatuki.blog34.fc2.com/tb.php/275-dc823cbe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。