上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サユリのたっての希望で

劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアーク

を見に行きました。

初日だったので、ほとんど満席。親子連れでいっぱいでした。
サユリの同級生の女の子にも会いました。

私は興味がないので一人で見てくれると楽ですが、まあそういうワケにもいかないので一緒にみました。
私は「告白」が見たかった。
ポケモンについては、サユリが勝手にテレビを見て、グッズを買っているのでノータッチでなんにもわかりません。
これだけ人気が続いているのでいろいろ魅力があるんだなあと思いながら見ていましたが、途中で寝てしまいました。

興味深かったのは隣に座っていた親子づれでお母さんと男の子ふたりだったのですが、暗くなってきてもDSをしていたり(なんと映画館にDSをもってきたらなんかが通信されてゲームができる)
行儀悪そうだなあと思っていたら、案の定、お母さんが怒りはじめ、子どもが喧嘩をしたのか、コーラがバーンと前にひっくり返り、
お母さん更にエキサイトし始め、さらにポップコーンがひっくり返り、お母さん怒鳴り散らし始め、男の子が泣き出し、
そのあたりで映画始まり、お母さんクールダウンするためか、子どもを残して席を立って行ってしましました。
子どもふたり、顔を見合わせて「どうする?」と困惑。

お母さん、しばらくして帰ってきたのですが、一緒に座らず空いている離れた席に座って最後までみていました。

お母さんの声と動きの方が迷惑。
せっかくお金はらって、休日に映画館に来て、ポップコーンとジュースを買ってもらい、映画の世界に入ろうとしていた子供たちの気分が暗くなるのがかわいそうで妙に気になってしまいました。
男の子二人で日々大変なんだろうなとお母さんに同情する気持ちと、しょっちゅうこんな間の悪いことが繰り広げられているんだろうな感があって、
客観的に見ると子どもと親って、そんなに怒らなくってもいいんじゃないとか思うことがいっぱいあるんだろうなあとか、家族にしかわからない閉じられた世界があるんだろうなと感じました。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yuriakatuki.blog34.fc2.com/tb.php/297-b879e16d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。