上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月某日
夏休み二日目の朝から松山へむかいました。
恒例の幼稚園主催の同窓会があるからで。

そのあと松山でお泊りし、幼稚園時代のお友達にあったり、まりあちゃんと遊んだり、教会の礼拝に行ったりしました。
最後はアツユキも電車できて、お友達の赤ちゃんを見てから、サユリを残して帰りました。

サユリはこの度は一人で日曜学校のキャンプに参加させていただきました。
まあ弟と子供たちも参加するので安心でしたが。

以下マリアちゃんと、奥道後温泉のプールで。
このプールは狭いし大して設備はないのですが、人が少なくてのんびりできるし、あぶなくもないのでおすすめです。
帰りは温泉にはいれるし。

シャチも大活躍中。

監視している方にシャチの乗り方指導まで受けてしました。

サユリのたっての願いにより、この夏、我が家に登場したシャチ君。
コーナンで900円ぐらい。
プールで大活躍(ちょっと邪魔だけど)でした!








8歳からのお給料袋

以前からお小遣い制をとっていたが、この本のとおりにやってみることにしました。
サユリも納得のようでした。
私も1年生か2年生からおこづかいをもらっていましたので、それぐらいの金額でスタート。
物価も大分変わっているけど、こづかいの金額はあまりかわってないどころか減ってるみたいです。
そもそも決まった小遣いをあげるおうちが減ってるとか。
昔は駄菓子屋にいくとか子どもの付き合いも小銭が必要だったけど、最近はゲームソフトとか大金がいるから普通のこづかいでは間に合わないからかな。


「がんばり水泳」という名の泳げない人の補習をなんとか一日でクリアしたサユリ。

その後すぐ、クラスのお友達とお母さんと一緒に須磨水族館に行った。
初めての水族館だったが、思ったより広くて、暑くて ふう。

とにかくいっぱい魚をみて、イルカショーを見ました。
サユリは最初興奮してすべてのお魚の写真をとっていました

が、すぐに飽きていました。
ので大した写真がありません。

そのあとお友達とびっくりドンキーでサユリにしてはすごい食欲でハンバーグをたべ、アイスを食べ、

お腹が痛いといいだしました。←お約束。



2010.10.05 運動会
サユリの運動会がありました。
今年はおじいちゃんとアツユキとで見物。
アツユキが張り切って写真をとってくれました。
一眼レフカメラが登場するのは一年ぶり、なんと去年の運動会の後のまんまです。

そしてお約束のように途中でバッテリー切れ!

なんとか別のカメラで対応出来ましたが。

IMGP6360.jpg

IMGP6384.jpg

これはダンス。音楽にあわせて縄跳びと踊り。
縄跳びがろくにできなくて心配→開き直りでしたが、
できる子もいればできない子もいるというゆるい~感じだったのでさほど出来なくてもわかりませんでした。

IMGP1943.jpg

折り返しリレー!
早いんだか遅いんだかよくわからない。

IMGP6400.jpg

まあ、とにかくニコニコと楽しそうにやっていてよかった。




最近の小百合のマイブームは、「昭和歌謡」「ちょいナツメロ」です。
9月になって番組改変期の特別番組が多く、たまたま「やりすぎコージ」の昭和歌謡特集みたいなのを録画したら、サユリのくいつきが半端なく。
その後も同様の、過去ヒットした歌を振り返る的な番組を熱心に繰り返し視聴するサユリ。
私達の子供時代、学生時代などに流行った歌を熱唱しています。

今の歌よりもメロディやアレンジがシンプルなのでわかりやすくてすっと入るようです。
「チェッカーズ」がいいとか。
時代もジャンルもバラバラだけど、子供に流行る要素がある歌というのは同じように受けるみたい。

それ以外に最近面白いと思ったのは、サユリのはまっている本。

「銀行のひみつ」
という学級文庫にある本らしいです。
この本が大層面白いので購入して欲しいとねだられましたが、どうも三井住友銀行が作って学校に配布した非売品らしく、手に入りません。

この本のおかげで銀行業務について詳しくなったサユリ。

「住宅ローン」とか「外貨両替」とか「送金」とか「銀行の人のお金の数え方とか」「為替」とかいろいろ知識を披露してくれるのが面白いです。

変な子。


骨折が治ってからいきなり夏休みモード。
ブログをさぼっていました。
夏休みもおわって、のんびりしていますが、ここで夏休みを振りかえってみます。
まずは、市民プール。

サユリはがんばり水泳という泳げない者のための補習に呼ばれたのでその練習です。

サユリは5メートル泳ぐ(けのび)というノルマがかせられていました。
ぜんぜんダメかと思えば結構いい線まで、とにかく息継ぎせずにバタ足だけで泳げるます。3メートルか4メートルぐらいはなんとか。そこで、ちょっとづつ距離を伸ばして…。

ところで周りをみまわすと同じような、親子連れがいっぱい。水泳の特訓親子がいっぱいいました。

すぐ横で、2の5 ◯◯◯◯と名前付きのスイミングキャップをかぶってお父さんに特訓をうけている女の子がいたので声をかけると、違う小学校だけど同じ2年生で、同様に補習にひっかかったとのこと。

ノルマも同じ5メートル。

その女の子と一緒になって練習しはじめ、お父さんの指導もあってサユリはなんとかイケそうな雰囲気になってきました。

よそのお父さんがサユリちゃんがんばれと一生懸命声をかけてくれました。

よそのお父さんありがとう!

骨折治りました!
今日、松葉杖も完全にとれて普通にあるいてよくなりました。
夏休み前でよかった。感謝!!
2010.07.14 休校
大雨のせいで休校です。
サユリと二人何をしたらいいのか、ま、ほっとってもいいんだろうけど。
煮詰まっています。ぐぐー。
誰も遊ぶ人がつかまらず、むむって感じ。

ぜんぜん大雨じゃないのに。
隣の市は学校普通にやってるのに。


録画してあったジブリの「耳をすませば」を見る。
耳をすませば [DVD]

実は初めて見た。
思いのほか、さわやかでいい映画だった。まだ携帯とかなない時代、私たちの中学時代と同じような雰囲気で「そうそう!」と懐かしく共感できる感じ。他のジブリ作品のようなファンタジー色は少ないんだけど。

サユリは主人公の少女と男の子が、恋仲になっていく過程で興奮して「さゆちゃん興奮中」と言いながら、走りまわっていた。最後に男の子が女の子にプロポーズするところは翌日もう一度見て興奮していた。

大体、いつもサユリはアニメやドラマで「ラブなシーン」とか告白するところとか、主人公があまりにも恥ずかしいことをするときは耳をふさいで大声だしたり、にこにこしながら走りまわったりして、興奮している。そして決していやなわけでなくて、何回も見直すのだ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。